このページの先頭です

脱毛サロンに行く前にしてはいけないこととするべきことについて

990views

投稿日:

脱毛サロンに通う前に気を付けるべきこと

日焼けをしない

脱毛サロンで行う脱毛処理は光脱毛が主流です。光脱毛は、色素の黒い部分を毛根だと認識してレーザーを照射します。日焼けをしていると光脱毛ができなくなってしまいます。痛みが酷くなる場合もありますし、そもそも肌が傷んでいるので処理そのものを断られることが多いです。

胸毛処理の場合は普段はそれほど気にする必要はありませんが、夏場で薄着になるのならば服越しであっても意外と日に焼けるので、日焼け止めクリームを塗って外出をするようにしましょう。海に行って裸になるようなことをしてはいけません。脱毛処理が完全に終わってからならば海で堂々と裸になることができます。

予防接種と時期を被らせない

予防接種をすると身体はデリケートな状態になってしまいます。予防接種と脱毛サロンへ行く時期は10日以上あけるようにしましょう。予防接種は腕にするから、胸毛の処理には関係ないというわけにはいきません。

薬を服用したら処理ができない

薬を服用するのも、予防接種と同様に身体がデリケートな状態になってしまいます。また薬を飲んでいる状態というのは体調が良くない状態であるという意味でもあります。脱毛処理は多少なりとも身体に負担をかける行為なので、体調がすぐれていない時に脱毛処理はできません。

薬を服用したら3日間は脱毛サロンには行かないほうが良いと考えましょう。とはいえ、薬の種類にもよるので気になるようならば薬を処方した病院や薬局に相談をしましょう。市販薬の場合はドラックストアの薬剤師や直接脱毛サロンに相談をすると良いでしょう。もしトラブルが起きてしまったら脱毛どころではなくなってしまいます。

毛抜きや脱毛ワックスによる自己処理

毛抜きや脱毛ワックスによる処理は毛根を根本から取り除いてしまいます。そうなると毛根を壊す光脱毛をすることができなくなってしまいます。脱毛サロンに通っている間は毛根そのものがなくなってしまうような自己処理はしないようにしましょう。かえって通う期間や回数が増えてしまうことになりかねません。

脱毛サロンに行く直前に気を付けるべきこと

アルコールを摂取しない

アルコールを摂取すると血行が良くなって痛みを感じやすくなります。脱毛サロンへ行く直前の飲酒はもちろん、二日酔いの状態で脱毛サロンへ行かないようにしましょう。痛いだけでなく施術を断られることもあるかもしれません。

激しい運動をしない

激しい運動はアルコール同様に血行が良くなって痛みを感じやすくなってしまいます。脱毛サロンの予約時間に間に合わないので走ってサロンに駆け込んだなどと言うことがないようにしましょう。

シェービングをしてから行く

脱毛サロンに行く前に、あらかじめ自分で処置をする場所のシェービングをしていくようにしましょう。シェービングをしないと脱毛の処理をしてくれない脱毛サロンや追加料金を取る脱毛サロンがあります。胸毛は0.5ミリメートル以下にしておくようにしましょう。

シェービングをした後は肌をしっかりと保湿しておくことで肌トラブルを防げます。脱毛サロンに行く前日か朝にシェービングをしましょう。胸毛の場合は問題ありませんが、自分で処理をしにくい箇所の場合は脱毛サロンでやってくれることもあります。あらかじめ確認をしておくようにしましょう。

帰りの交通手段を考えていく

これは脱毛サロンではなく、脱毛クリニックを利用する場合の注意点になります。脱毛クリニックの場合は医療機関なので、脱毛による痛みが激しい場合、麻酔を使うことが認められています。

しかし、麻酔の種類や量、体質によっては施術が終わってもしばらく頭や身体の動きがにぶくなったり、ぼんやりとしたりします。車の運転はとても危険です。脱毛クリニックに通う場合は帰りの交通機関についても考えていくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。