このページの先頭です

男の胸毛処理はこれがおすすめ!自分でできる4つの方法

747views

投稿日:

カミソリで剃る

すぐにできて簡単

カミソリで剃り落とすのは、胸毛の処理では最もオーソドックスな方法です。とても簡単で、使うカミソリも安く購入することができます。時間がないときなど、手早く済ませるためには最適の方法と言えるでしょう。

ただし、あくまでも一時的な対処法と考えておいてください。剃った胸毛は、すぐに生えてきてしまうため、頻繁に処理を繰り返す必要があります。1回ごとの作業はすぐ終わりますが、何度も行うことを面倒に感じるなら別の方法がおすすめです。

また、胸毛が濃い人の場合は、剃った跡が青髭のような状態になり、きれいに見えないこともあります。

毛が濃くならない剃り方

胸毛を剃ると次に生えてきたとき、さらに濃くなっていることがあります。これは肌にダメージを与える剃り方をしたことが原因です。人間の肌は外からダメージが加えられると、防御のために体毛を濃くしてしまうのです。これを防ぐためには、なるべく肌に優しい剃り方をしなければなりません。

まず、何も塗らずに剃るのは、肌への負担が大きくなるので、絶対にやめましょう。剃る前には、お湯などで胸毛を柔らかくして、必ずシェービングクリームを塗るようにしてください。そうすると肌を傷つけない安全な処理ができます。

また、いきなり逆剃りをするのもよくありません。長い胸毛を無理に逆剃りで処理すると、やはり肌にダメージを与えます。最初は毛の流れのとおりに剃って長い毛をカットし、それから逆剃りを行うようにしましょう。

そして、使用するカミソリにも注意が必要です。切れ味の悪いカミソリを使うと、押しつけるように剃ることが多くなり、肌を傷つけてしまいます。したがって、あまり長く使い続けるのはやめましょう。1ヶ月に1回程度は交換しておくとスムーズな処理ができます。

ピンセットで抜く

薄い胸毛におすすめ

胸毛をピンセットで抜くのは、カミソリで剃るよりも手間のかかる作業です。まとめて処理ができないので、胸毛が濃く、本数が多い人には向いていません。逆に、胸毛が薄く、本数が少ない人ならば、抜くのは効果的な方法です。

胸毛を抜いたときのメリットは、また生えてくるまでに時間がかかるということです。剃った場合は、生えてくるのが早いため、頻回に処理をしなければなりません。しかし、根元から抜き取ってしまえば、その心配はないのです。

ただし、この処理方法は、強引に胸毛を引き抜くことになるので、痛みをともなう場合が多いです。これを避けたい人は、別の方法を試すか、なるべく痛みを感じないような工夫をする必要があります。

痛みが少ない方法

胸毛を抜く痛みを軽減するには、なるべくスムーズに抜けるような状態をつくっておくとよいでしょう。つまり、事前に肌を温めて毛穴を開かせるのです。蒸しタオルやお湯などを使って胸を温めておくと、すんなりと抜けるようになります。

また、抜き方にも注意しましょう。抜くときに痛むのは、無理な力が加わっているためです。それをできるだけ少なくするためには、胸毛の方向に逆らわずに抜くのがおすすめです。毛が生えている方向をよく見て、それに沿うようにすると、抵抗が少ないので痛みません。

このとき、なるべく根元の方をつかんで引っ張るのもポイントです。毛穴を開くように肌を押さえ、根元にピンセットをあてれば、無造作に引き抜くよりも安定します。すると無理に力を入れなくても抜けてくるのです。

そして、処理を進めながらときどき肌を冷やすのも有効な方法です。冷たいタオルや保冷剤などで抜いた後の肌を冷やしておくと、痛みを和らげるだけでなく、炎症を抑えることもできます。

除毛クリームで溶かす

胸毛が濃い人におすすめ

除毛クリームは、毛を溶かして取り除く方法です。あまり剛毛だと抜くのは難しく、剃ったとしてもきれいにはなりません。しかし、溶かしてしまえば濃い胸毛もしっかり処理することができます。

この方法のメリットは、クリームを塗るだけなので全く痛みがないという点です。肌に負担をかけることもないので、胸のような薄くデリケートな皮膚には、とても優しい方法と言えます。

また、毛穴の奥までクリームが浸透するので、毛根まできれいに溶けることもメリットです。これは、肌がツルツルになるだけでなく、毛嚢炎などのリスクを抑えることにもなります。さらに、保湿成分を含んだ商品が多く、処理後の保湿の手間を省くこともできるのです。

除毛クリームの注意点

除毛クリームを使うと多くのメリットがありますが、いくつか注意しておきたい点もあります。

そのひとつが、使う前のパッチテストです。基本的には痛みもなく、肌に優しい除毛クリームですが、成分が合わなかった場合、皮膚が赤くなったり痒くなったりすることがあります。そのため、いきなり広範囲に塗るのはやめましょう。まずはテストをして、安全を確認できたら広範囲に塗ってください。

また、使ったあとは丁寧にクリームを洗い流すようにしましょう。処理が終わったあとはつい適当に済ませてしまうこともありますが、クリームが残っていると肌が荒れてしまいます。しっかり洗い流しておけば、余計な肌のトラブルは避けることができるでしょう。

そして、顔に塗るのは絶対にやめてください。顔の皮膚は体より敏感なので、肌が荒れる可能性が高いです。さらに、まつ毛や眉毛についた場合、溶けて抜け落ちてしまうこともあります。あくまでも体の除毛をするためのクリームなので、塗る部位には十分注意しましょう。

脱毛ワックスで抜く

効果が長く続く

脱毛ワックスは、胸毛にワックスを塗り、専用のペーパーを貼って一気に引きはがす方法です。ピンセットと違って、広範囲の毛を引き抜くことができます。専門店でよく用いられる方法ですが、簡単なのでワックスを購入してセルフ脱毛をする人も多いです。また、胸毛以外にもすね毛や腕毛に対しても効果的なので広く利用することができます。

この方法で脱毛した場合、最も大きなメリットは、なかなか生えてこないことです。毛根からしっかり抜けるため、一度処理してしまえば2~3週間はツルツルの状態が続きます。さらに、使い続けていると次第に毛が細くなることもポイントです。この効果により、胸毛が濃い人でも使っているうちに薄くなっていくでしょう。

ただし、脱毛ワックスによる処理は慣れないとかなり痛いです。そのため、初めて脱毛するときは緊張することも多いですが、いくつかコツを押さえておくと、痛みを軽減することができます。

脱毛ワックスのコツ

脱毛ワックスの処理が痛い原因のひとつは、胸毛が長すぎることです。あまり長い毛だと、それが絡まることで抜くときに痛みを感じます。そこで、長すぎる毛がある場合は、あらかじめハサミで少しカットしておきましょう。

そうすれば、絡まったりせずにスムーズに抜くことができます。しかし、毛が短すぎてもうまく抜けなくなってしまうので、親指第一関節くらいの長さは残しておくとよいでしょう。

そして、もうひとつの原因は、胸毛と一緒に皮膚を引っ張ってしまうことです。この場合、皮膚ばかり引っ張ってしまい、痛みの割にはあまり抜けていないことも多いです。これを防ぐには、皮膚が引っ張られないように、片手で胸を押さえておくことです。このとき、ただ押さえるのではなく、はがす方向と逆に力を加えると、皮膚を残して胸毛だけが抜けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。