このページの先頭です

脱毛の選択肢を徹底紹介!男性が脱毛する方法とは

500views

投稿日:

光脱毛で脱毛

男性が脱毛する方法としては、まず光脱毛という方法が挙げられます。光脱毛は特殊な機器から発せられる光によって脱毛を行う脱毛方法です。脱毛器はメラニン色素、つまりは黒い色素を認識して、光を照射します。結果的に毛根に光が照射されることになり、ダメージを負った毛根は毛を生やす力を失ってしまうというわけです。

脱毛クリニックなどでは光脱毛は行われていないため、光脱毛を受けるのであれば、脱毛サロンに行くしかありません。家庭用脱毛器も広い意味で光脱毛ですが、ここでは別と考えてください。脱毛サロンの光脱毛と家庭用の光脱毛は、効果が大きく異なるため、今回は別のものとして紹介していきます。

光脱毛のメリットとは?

光脱毛のメリットは様々ありますが、代表的なものといえば、安さと痛みの少なさです。光脱毛は他の脱毛と比べると、かなり安価で脱毛することができます。男性は胸毛やヒゲの脱毛をする人が多いですが、胸毛だけの脱毛であれば、10万円程度で終えることができるのです。

一見、高いようにも思えますが、レーザー脱毛ともなると倍の金額がかかることもあるため、それほど高い金額とは言えません。胸毛は範囲も広く、毛も濃いため、他の部位の金額と比べると高い値段設定がされているものなのです。

痛みの少なさというのも光脱毛のメリットなのですが、これは光脱毛で照射される光が弱いからです。光の強さがそのまま痛みの強さにつながるため、光脱毛は少ない痛みで脱毛できる脱毛方法となっています。

光脱毛のデメリットとは?

光脱毛のデメリットは効果が低いということです。家庭用脱毛器より脱毛効果は高いですが、レーザー脱毛と比べると、効果としては見劣りしてしまいます。特に男性の胸毛やヒゲというのは濃く、皮膚の深い部分から生えていますので、高い効果のある脱毛方法でなければ、満足する効果は得られません。

とはいえ、何度も光を照射すれば、レーザー脱毛ほどではないにしろ、それなりの脱毛効果は得られるため安心してください。どうしても高い効果を得たいという人は、他の脱毛方法を選ぶようにしましょう。

レーザー脱毛で脱毛

男性が脱毛する方法としては、レーザー脱毛という選択肢もあります。レーザーによる脱毛方法は基本的に光脱毛と同じです。メラニン色素を識別して、そこに光が照射されることになります。ただし、光脱毛と全てが同じというわけではありません。レーザー脱毛は、照射される光の強さが圧倒的に強いのです。

またレーザー脱毛は光脱毛とは違い医療行為とされています。そのため、医師が存在するクリニックなどでしか行うことができません。脱毛サロンでレーザー脱毛をしたいと言っても、きょとんとされるだけですので、レーザー脱毛をしたい人は脱毛クリニックか美容整形外科などに相談してみましょう。

レーザー脱毛のメリットとは?

レーザー脱毛の一番のメリットは、その効果の高さです。光脱毛の場合、脱毛というよりは、胸毛などを細くしたり、生えるスピードを遅くしたりというような減毛しか行うことができません。光脱毛のパワーでは、毛根を破壊することはできないからです。しかし、レーザー脱毛であれば毛根を破壊することができ、永久脱毛を行うことも可能となります。

ただ、永久脱毛を行ったからといって、今後完全に胸毛などが生えてこなくなるというわけではありません。永久脱毛の定義は施術してから一ヵ月後に、毛の再生率が20%以下であること、という定義となっています。そのため、少し胸毛が再生することもありますし、自己処理もまったく必要なくなるわけではないのです。

とはいえ、自己処理の回数は圧倒的に少なくなりますし、見た目も大きく変化します。光脱毛とは効果が持続する期間も違うため、大きな効果を得たい人にはレーザー脱毛がおすすめです。

レーザー脱毛のデメリットとは?

レーザー脱毛のデメリットは値段が高額ということもあるのですが、何よりもまずは痛みです。光脱毛では痛みを我慢できないという人はいませんが、レーザー脱毛の場合、痛みを我慢できないという人は多くいます。特に男性の場合、自己処理を何度もしていることや、男性ホルモンの影響で、かなり毛が濃くなっていることが多いです。

毛が濃いほど、光を照射した時の痛みも増してしまいます。そのため、かなりの痛みを感じてしまうのです。ただし、レーザー脱毛を行っているクリニックや美容整形外科では麻酔を行うことも可能です。麻酔をすれば痛みがかなり軽減されるため、痛みのないレーザー脱毛を行うこともできます。

ちなみに麻酔は多くの場合、別料金となっています。ただでさえ高いレーザー脱毛であるにもかかわらず、さらにお金がかかることになるため、それもデメリットの一つと言えるでしょう。

ニードル脱毛で脱毛

男性が脱毛する方法としては、ニードル脱毛という方法もあります。ニードル脱毛は手術という位置づけになる脱毛方法です。毛穴に針を刺し、そこに電気を流して、直接毛根を破壊するという方法になります。

当然、医師が行うことになるため、クリニックや美容整形外科でなければ行うことができません。様々な事情からニードル脱毛を実際に行う人は少ないため、一般的な脱毛とは言えない脱毛方法となっています。

ニードル脱毛のメリットとは?

ニードル脱毛のメリットは絶対的な効果の高さです。ニードル脱毛は様々な脱毛の中でも一番効果の高い脱毛方法となっています。直接、針を刺して毛根を破壊するため、ムダ毛が再度生えてくるということもほとんどありません。全てを処理できれば、自己処理がまったく必要なくなるため、本当の意味での永久脱毛はニードル脱毛でしか行えないということになります。

ただ、毛根を破壊したつもりでも、破壊しきれておらず、仮死状態になっており、再度毛が生えてくるということもあります。自己処理が必要なくなるのは、再度、施術を受けて完全に無くすことができた場合の話ですので、勘違いしないようにしましょう。

ニードル脱毛のデメリットとは?

ニードル脱毛は全ての毛穴に対して、人の手で処理をしていくということもあり、かなり高額な脱毛方法となっています。また、かなりの時間もかかり、施術後は傷ができてしまうというデメリットもあるため、それほどおすすめできる脱毛方法ではありません。普通に仕事をしている人がニードル脱毛を行うのは難しいでしょう。

家庭用脱毛器で脱毛

男性の脱毛方法としては、家庭用脱毛器を使うという方法もあります。家庭用脱毛器は仕組みとしては光脱毛と同じになります。ただし、脱毛サロンの光脱毛と比較すると、光がかなり弱いため、効果もさほど期待できません。一般用と業者用というような違いがありますので、サロンで使用しているものと同じだとは思わないようにしましょう。

家庭用脱毛器のメリットとは?

家庭用脱毛器のメリットとしては、自分の好きな時間に脱毛できるというメリットがあります。光脱毛やレーザー脱毛だと、施術の度に予約を入れ、サロンやクリニックに出向かなければなりません。家庭用脱毛器はそのような手間がなく、少し空いた時間で施術できるため、利便性としては高いというメリットがあります。

家庭用脱毛器のデメリットとは?

家庭用脱毛器のデメリットは効果が低いということは当然ですが、肌トラブルのリスクが高いというデメリットもあります。素人がやるわけですから、使用方法を間違えたり、衛生状態が悪かったりということで、ニキビなどができてしまうリスクがあるのです。

また、ランニングコストなどを考えると費用としての差は、光脱毛とそれほど変わらないため、費用におけるメリットはそれほどありません。安い脱毛と勘違いしないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。