このページの先頭です

胸毛がはみ出てる!?嫌われがちな胸毛を脱毛するメリットとは?

652views

投稿日:

男性の胸毛とは

男性のムダ毛意識

一昔前までは、男性には体毛がたくさん生えていて当然であり、むしろそれが当たり前の姿だと思われていました。あえて体毛を処理する人はほとんどおらず、男性が自分の体に生えているムダ毛を処理するとすれば、それは髭だけでした。

ですが、現代社会に生きる男性のムダ毛に対する意識は少しずつ変化しつつあります。

自分の体毛に嫌悪感を抱く男性が増え、髭すらも嫌だと感じる男性が多くなっているのです。女性と同じように、自分の見た目に「美しさ」を求める男性が増え、化粧水や乳液を使って肌のお手入れをしたり、ムダ毛を自分で処理したりという男性も出てくるようになりました。男性の美意識の高さが、ムダ毛への意識にも変化をもたらしているのです。

男性の胸毛

ムダ毛を気にする男性が、自分の体毛で1番やっかいなムダ毛だと感じているのは、おそらく髭でしょう。髭は濃い薄いの個人差はありますが、ほとんどの男性に生えてくるものであり、人によっては1日に何回も処理が必要なことがあるほど厄介なムダ毛です。

そのため、面倒な自己処理に嫌気がさし、思い切って脱毛する人も増えています。男性が、髭の他に気にするムダ毛の中に、胸毛があります。男性の胸毛が男らしさの象徴としてとらえられていた時代は、もう遠い昔のことです。

開いたシャツから見える胸元にしっかりとした胸毛が見て取れると、女性から騒がれるような時代もありました。ですが、現代においては全く逆の反応をされてしまいます。胸元に胸毛が見えてしまえば、どちらかというと引いてしまう女性が多く、男性の胸毛は少なくとも女性に歓迎されるものではなく、不評な体毛なのです。

そんな女性の気持ちを知ってのことなのか、髭と同じく胸毛を脱毛したいと思う男性が増えています。

胸毛の処理方法

自己処理

胸毛は、自分で手も目も届く範囲にあるため、自分で自己処理する人もたくさんいます。カミソリなどを使って自己処理するのは簡単なようですが、意外と大変なのが胸毛の自己処理です。自己処理をしてもすぐに新しい毛が生えてきてしまい、生え始めの毛がチクチクしたり、肌がブツブツしたりと、何かとトラブルが発生しがちです。

また、生え始めの短い毛が薄手の下着から飛び出すこともあり、かえってマイナス効果になることもあります。胸毛が生えている範囲が広かったり、毛の量が多かったりすると、自分で処理するのは大変な作業であり、なおかつ肌トラブルが発生する確率も高くなります。毛の生え変わりにあわせて頻繁に自己処理する必要があり、精神的な負担も大きいものです。

男性専用の脱毛サロンやクリニック

胸毛を自己処理することの大変さに気づいた人が考えるのが、脱毛です。少し前までは、脱毛と言えば女性に限られたものだと思われていましたが、近年においては男性も脱毛サロンや医療クリニックなどの専門機関で脱毛を体験する時代となっています。

男性の美意識の高まりに合わせるように、男性専用の脱毛サロンや医療クリニックも全国において、数多く存在するようになりました。自分のムダ毛に嫌気がさし、自己処理するよりもよりきれいに脱毛したいと考える男性が増えていることを物語っています。

芸能人による脱毛体験者が増えたことなども、男性にとって脱毛が身近な存在となってきた要因の1つです。男性にとって1番厄介な髭だけでなく、全身いたるところに生えてくるムダ毛も脱毛したいと考える男性が増えています。

胸毛の脱毛とは

脱毛方法

胸毛を脱毛サロンやクリニックで脱毛したいと考えた時、まずは脱毛方法を決定する必要があります。選択した脱毛方法により、どこで施術を受けるかを決めることになります。現在の脱毛業界における脱毛方法には、下記のような方法があります。

  • ニードル脱毛(針脱毛)
  • レーザー脱毛
  • 光脱毛

それぞれメリット・デメリットが存在するため、自分の脱毛する目的に合わせた脱毛方法を選択することが大事です。ニードル脱毛は針脱毛とも呼ばれ、専用の極細の針を毛穴に直接挿入し、電気を流して細胞にダメージを与えながら脱毛する方法です。

1本ずつ丁寧に施術していくため、脱毛の確実性が高い脱毛方法ですが、その分時間がかかってしまうことがデメリットです。また、電気を流すことにより強い痛みを感じることもニードル脱毛の特徴です。

レーザー脱毛と光脱毛は、毛の黒い組織であるメラニン色素に反応する特殊な光を使用し、毛根部にある発毛の細胞にダメージを与えながら脱毛していく方法です。レーザー脱毛の方が、光脱毛より強い出力の光を使うことができるため、脱毛の効果が早く現れます。

そのため、脱毛にかかる期間は光脱毛に比べ、レーザー脱毛の方が短くなっています。痛みを強く感じやすく、脱毛期間が長くなるニードル脱毛よりも、レーザー脱毛や光脱毛の方が人気が高くなっています。

少しずつ薄く

どの脱毛方法を選択しても、胸毛を脱毛することはできますが、たくさん生えていればいるほど一気に脱毛するよりも少しずつ毛量を減らしていくという方法を選択する人が多くなっています。

たくさん生えている胸毛を一気に脱毛して完全無毛にするより、とにかく毛量を減らしたいと考える人が多く、施術を受けることで少しずつ胸毛を薄くしていく方法です。人に見られて不潔感や不快感を与えない程度に胸毛を減らしたいと考える人が多くなっています。

脱毛するメリット

思う存分水着になれる

男性の胸毛が1番人目に触れる機会があるのは、水着姿になった時でしょう。日ごろから胸毛がたっぷり生えていることや、剛毛であることを気にしていれば、水着になることも躊躇してしまうものです。自分の胸毛が気になってしまえば、楽しいはずの海やプールも台無しです。

ですが、胸毛の脱毛が完了していれば、水着を堂々と着こなすことができるようになり、夏のレジャーも思う存分楽しむことができるようになります。女性に敬遠されがちな胸毛をきれいに脱毛することで、何の心配もなく思い切り水着姿になることができるのです。

服装に気を遣わない

男性の胸毛は、特に薄着の季節になると人目についてしまう可能性が高くなります。同じ胸毛でも、生えている量や範囲には個人差があるものですが、着ている服装によっては胸元から胸毛がはみ出してしまうこともあるほどです。

せっかくおしゃれなVネックのTシャツを着ていても、胸毛が生えている範囲が広ければ、ばっちり毛がはみ出してしまい人目につくことになります。胸元が開いていなくとも、薄手の衣類を着ていれば、胸毛が透けて見える可能性も出てくるのです。

思い切って脱毛することにより、これらの心配がなくなり服装に気を遣う必要もなくなります。胸毛を気にすることなく、自分の好きなファッションを楽しむことができるようになります。

清潔感

胸元にもたくさん汗をかきますが、そんな部位にムダ毛がたくさん生えていると、蒸れやすくなるため、臭いの原因となってしまいます。かいてしまった汗も胸毛の存在が邪魔して拭き取りづらく、とても不衛生です。

かいた汗を拭き取らないままでいれば、肌荒れの原因にもなってしまいます。胸毛を脱毛することで、汗をかきやすい胸元を清潔に保つことができるようになり、体臭や臭いの発生を気にする必要もなくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。