このページの先頭です

濃いひげに悩む方へ!ひげ脱毛の基礎知識と注意点まとめ

680views

投稿日:

ひげが濃くて悩んでいるなら脱毛サロンがおすすめ

ひげ脱毛は一般的

脱毛サロンに足を踏み入れたことのない男性はまだまだ多いとは思いますが、近年男性の美容ブームの高まりにより、男性の脱毛が盛んになってきています。その中でも人気のある部位は、ひげと胸毛です。ひげも胸毛も生えているとワイルドで男らしい感じがありますが、実際は少しむさくるしいと感じられがちです。

胸毛に比べてひげは常に人から見られる部分ですので、一層脱毛への需要が高いようです。ひげが気になって、こまめに自己処理を行っている方もいますが、顔の皮膚は敏感ですので、こまめに剃刀を当てることによって肌を傷つけてしまう危険があります。ひげに悩んでいるなら、脱毛サロンを利用するのがよいでしょう。

ひげ脱毛はどれくらいで効果が出るのか

ひげ脱毛は10回程度の照射で効果を実感でき、20回程度の照射で自己処理が不要になるといわれています。通常の脱毛よりも回数が多めですが、これは、顔の皮膚は敏感なため出力を弱めにする必要があるからです。医療脱毛の場合は、半分程度の回数で効果を実感できるといわれています。

照射と照射の間には23か月の間隔を置くことになりますので、照射完了までには数年かかると考えるのがよいでしょう。脱毛完了前であっても、ひげが生えるスピードが遅くなり、自己処理の頻度が減るのを実感できるはずです。

ひげは基本的に毎日手入れをしなければならない部位ですので、脱毛によって毎日の手入れの手間を軽減できるのはうれしいですね。脱毛完了までに時間がかかるものなので、なるべく早く始めることが大切です。各脱毛サロンでは初回の方にお得なキャンペーンを行っていることもありますので、興味を持った方には今すぐ取り組んでいただきたいです。

ひげ脱毛を行ううえでの注意点

ひげは本当にいらないのか、よく考えるべき

ムダ毛と異なり、ひげはファッションポイントにもなります。また、青々としたひげは嫌でも、少しくらいひげがあったほうが好感を持つ、という人も多いです。そのため、ひげ脱毛でひげを一切なくしてしまってよいのか一度よく検討してみる必要があります。

ひげに悩んでいるうちは、ひげがなくなれば人生バラ色、と思ってしまうかもしれませんが、実際はそうでもない可能性があります。ひげ脱毛には完全にひげをなくすものだけではなく、少しひげを残せるようなものもあります。

デザイン脱毛に対応しているかどうかは脱毛サロンにより異なりますが、ひげを一切なくすことに少しでもためらいがあれば、デザイン脱毛について相談してみてもよいでしょう。

肌トラブルの危険性がある

剃刀を使った自己処理のやりすぎでも肌荒れしますが、ひげ脱毛を通じて肌に不調が出ることもあります。脱毛サロンでの脱毛の場合には、ひどいトラブルが起こる可能性は高くありませんが、クリニックでの医療脱毛の場合には肌トラブルが発生する危険性が比較的高めです。

医療脱毛の場合はクリニックであり、肌トラブルに対して医師が適切に対応してくれるため心配は不要ですが、肌が極端に弱いという自覚がある場合には、脱毛を行って大丈夫か、皮膚科などで相談したほうががよいでしょう。

医療脱毛か、サロン脱毛か

医療脱毛とサロン脱毛を比較するときに、一般的には脱毛効果が高いことから医療脱毛がおすすめされがちです。ですが、ひげ脱毛の場合は事情が少し異なります。医療脱毛を行う場合はかなり徹底的にひげがなくなることが予想され、自然にひげの量を減らしたい方にはなかなかおすすめしにくいです。

一方、サロン脱毛であれば、ひげを自然な量に抑えることが容易にできますし、痛みも医療脱毛ほど強くはありません。ひげ脱毛に悩んでいる方はまず脱毛サロンで脱毛を始めてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。