このページの先頭です

家庭用脱毛器の3種類について理解を深めましょう

660views

投稿日:

実は豊富な家庭用脱毛機器の種類

まずは目立つパーツからチャレンジしてみましょう

的確なムダ毛処理を行えることから、女性からの厚い支持を集めてきた脱毛サロン。しかし近年は、男性用の脱毛サロンが頭角を現してきています。男性に脱毛は不要というイメージもあるかもしれません。しかし、それは一昔前の話です。

胸毛や脇毛、すね毛はもちろんのこと、アンダーヘアも含めて、全身脱毛してしまう男性も少なくありません。しかし、「脱毛サロンは高額だから、通いたくても通えない」という男性もいます。では、自宅で手軽に脱毛する方法はないのでしょうか?

家庭用脱毛機器を導入してみませんか?

家庭用脱毛器を導入すれば、脱毛サロンでの施術に似せた処理ができます。そこで今回は、家庭用脱毛機器に焦点を当てていきましょう。家庭用脱毛器は大きく分けて3種類あります。「レーザー脱毛器」「光脱毛器」「サーミコン式脱毛器」です。それぞれの特徴を見ていきましょう。

光脱毛器

光脱毛は、脱毛サロンでも定番の処理方法です。

仕組みは?

光脱毛は、インテルスパルスライトを使って毛根にダメージを与えます。一回や二回で効果が出るわけではありませんが、繰り返せば徐々にムダ毛がなくなっていきます。もじゃもじゃとした胸毛にも効果的です。

メリットは?

光脱毛のメリットは、「照射面積が広い」「痛みが少ない」「全身脱毛もOK」「美肌効果あり」という点です。

デメリットは?

照射するごとにカートリッジを交換しなければならないため、維持費がかかることです。全身のムダ毛処理をする場合は、維持費を計算しておいた方が良いかもしれません。

レーザー脱毛器

レーザー脱毛器も脱毛サロンではお馴染みです。それを家庭で実施できるのは嬉しいですね。

仕組みは?

レーザー脱毛は、黒色素にレーザーをあてて毛乳頭を殺します。フラッシュ脱毛と似ていますが、本来、レーザー脱毛は医療機関でしか使用できません。ですから、家庭用のものはパワーを下げています。しかし、家庭で行うムダ毛処理としては十分な性能です。胸毛、すね毛、脇毛など、特に濃いパーツの処理も問題なく行えるでしょう。

メリットは?

代表的なメリットは、「家庭用でダントツの効果」「持続力が高い」などでしょう。

デメリットは?

デメリットは、「痛い」「照射面積が狭い」「時間かかる」などです。

サーミコン式脱毛器

サーミコン式脱毛器は、あまり耳慣れない言葉かもしれません。しかし、これも高い人気を誇っています。

仕組みは?

熱で毛を焼き切ります。脱毛というよりは「除毛」に近いです。

メリットは?

メリットは、「肌の負担がかるい」「毛先を丸くカットするため、後でチクチクしない」「安い」「コンパクト」などです。

デメリットは?

デメリットは、「脱毛ではないから持続力が悪い」「毛が焼ける臭いがする」「火傷のリスク(胸毛やすね毛など、皮膚とムダ毛の距離が近い場合は注意。そのため陰毛にはおすすめ)」などが挙げられます。

脱毛パーツ別に解析!家庭用脱毛器の選び方

ここまでは、大きく3つに分けて家庭用脱毛器を紹介してきました。ここからはその選び方に焦点を当てていきます。 脱毛したいパーツによって、どれを選べば良いのかが変わってくるので注意しましょう。

髭はレーザー脱毛で

自宅で効果的に髭脱毛したい場合は、レーザー脱毛がおすすめです。フラッシュ脱毛でも処理できないわけではありませんが、毛根を死滅させるパワーが圧倒的に違います。ただし、レーザーは痛みを伴いやすいので、少しずつ処理しましょう。

すね毛や腕、胸毛なら光脱毛器

すね毛や腕、胸毛などの処理には光脱毛器がおすすめ。レーザー脱毛器でも良いのですが、脱毛面積が狭いため、時間がかかってしまいます。一方、光脱毛器は1回あたりに処理できる範囲が広いので、スピーディーなプチ全身脱毛が可能です。

陰部の処理ならサーミコン式脱毛器

陰部の処理にはサーミコン式脱毛器です。ハサミによるカットは、毛先が尖ってチクチクしてしまうのでおすすめできません。サーミコン式脱毛器を使いましょう。ただし、火傷と毛が焼ける臭いに注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。