このページの先頭です

見た目が悪い胸毛にサヨナラ!処理方法と気をつけておきたいこと

666views

投稿日:

代表的な胸毛の自己処理方法3つ

オーソドックスなカミソリでの処理

胸毛を手っ取り早く処理する方法として、多くの方に利用されているのがカミソリです。肌に負担をかけないよう、髭を剃る時のようにシェービングクリームを利用することで、より安全かつ素早く処理することができます。毛の流れに沿って優しく刃を滑らせるようにして剃っていけばいいのですが、毛が長い場合は予めハサミでカットしておきましょう。

カミソリでの処理は手軽ですが、刃から毛穴に雑菌が進入して炎症に繋がることもあります。刃はこまめに交換して、清潔なものを利用するようにしましょう。また、綺麗になってもすぐに毛が再生してきてしまうため、状態を保つためには定期的な処理が必要となることも覚えておいてください。

  • お風呂上りなど、肌が柔らかくなった状態で処理する
  • 摩擦を軽減するためにクリームやオイルを塗る
  • 剃った後は肌を休ませるために冷やす
  • しっかりと保湿をする

このように、肌トラブルを招かないようにケアを行うことが大切です。

1回に広範囲の胸毛を取り除ける除毛クリーム

剛毛で広範囲に渡って胸毛が生えている場合、除毛クリームの利用が便利です。アルカリ性のクリームが胸毛のたんぱく質を溶かすので、1回でツルツルの肌に仕上げられます。カミソリのように剃り跡がチクチクしないというのが大きなメリットです。

  • パッチテストを行う
  • 胸毛が気になる部位に指示された適量を塗る
  • 一定時間放置後に洗い流す

簡単に処理できるのが魅力ですが、除毛クリームはムダ毛だけではなく、肌のたんぱく質にも影響を与えます。敏感肌の場合、痒みや炎症を引き起こす可能性も高いため、事前のパッチテストを忘れないようにしてください。使用中に違和感を覚えた場合は、直ちに洗い流すようにしましょう。

処理をした後は、しっかりと保湿をすることも必要です。

ムダ毛を毛根から処理できるワックス脱毛

胸毛を抜いてしまうことで、長期間ツルツルの状態を保つことが可能です。しかし、毛抜きで1本1本処理するのは手間がかかってしまいますよね。そこで、ワックスで毛根から一気に引き抜いてしまう方法があるのです。ただし、永久的な効果はありません。時間が経てば胸毛は再生してくるので注意しましょう。

ワックスを胸毛の生えている肌に塗り、一気に引き剥がすことで毛を抜くというシンプルな方法ですが、当然痛みを伴います。しかし、仕上がりが綺麗になることと、長期間胸毛が生えてこない状態を保てるのがメリットです。

市販されているワックスもありますが、手作りをすることも可能で、コストパフォーマンスを意識したい方にも向いています。

胸毛の悩みと決別したければサロンや医療機関の施術を検討しよう

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛での処理のメリット

セルフケアの場合、一次的な効果は見込めても、処理をし続けなければ胸毛が再生してしまいます。面倒な自己処理の手間をなくして、綺麗な状態を保ちたいのであれば、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛でムダ毛自体の再生能力を抑えてしまうのがおすすめ。これらは特殊な光を使って毛根にダメージを与え、ムダ毛そのものが生えてこない状態をつくり出す技術です。

昨今では、メンズ脱毛を受ける男性が増えてきました。多くの方が利用する髭脱毛だけではなく、処理に困る胸毛の脱毛も人気を博しています。自己処理よりもお金がかかり、完了までには長期間施術に通い続けなければなりませんが、今後自己処理の手間が掛からなくなる点を考慮すれば、利用する価値はあるはずです。

無料カウンセリングなども実施されていますから、まずは気軽に相談へ行ってみましょう。詳しい話を聞いた上で、積極的に検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。