このページの先頭です

「剃るのも抜くのもよくないの?」胸毛を自己処理するリスクまとめ

593views

投稿日:

ホントは危険、ムダ毛処理に潜む罠

男性でもムダ毛は気になるもので、特にすね毛や胸毛といった太い毛は見た目も暑苦しく嫌う人が多いです。そんなムダ毛を処理したいという気持ちも分かりますが、そのムダ毛処理、ちょっと待ってください。何気なくカミソリで剃ったり毛抜きで抜いたりという行為には、実は思いもよらぬ落とし穴があるのです。

男性の体毛は太くて硬いので、カミソリを肌に滑らせた時の抵抗が強くなってしまうもの。また、カミソリの刃は非常に鋭く作られているため、剃毛時の肌へのダメージも大きいのです。いくらローションやジェルで滑りを良くしても、鋭利なカミソリを肌に当てて傷がつかないわけがありません。

出血してしまうのは論外として、目に見えないような細かい無数の傷から肌荒れが起こって乾燥し、深刻な肌トラブルに繋がる場合もあります。仮に何事もなく処理できたとしても、仕上がりはどうでしょうか。男性の体毛は太くて硬いですから、毛の断面が見えて黒いブツブツになっていたり、触り心地もザラザラとして良いとはいえないはず。

特に色が白い人は、それが余計に目立ってしまい、非常に見苦しくなってしまいます。カミソリによる処理が日常化すると、肌のダメージが回復しない内に、更なるダメージを与えてしまうことになるので、肌を守るためにメラニン色素が発生し、色素沈着が起こってしまうのです。

カミソリ負けだけなら数日で回復しますが、色素沈着はなかなか改善しない厄介な症状なので、絶対に回避してください。カミソリはそのお手軽さから、誰でも一度は手を出してしまう処理方法です。しかし、場合によっては後悔してもしきれない落とし穴にはまる可能性もあります。

清潔感を出すためにムダ毛の処理をして、傷ついて逆に汚くなってしまったのでは意味がありません。今一度、自分の肌の状態を見て、処理方法を考え直してみてください。

絶対ダメ!一番やってはいけない脱毛の禁じ手

カミソリ以上にムダ毛処理で使ってはいけない道具があります。それは毛抜きです。毛抜きで処理をすると、文字通り根こそぎ抜けるので非常にキレイになります。しかし、見た目と手触りが良くなったからといって喜んではいけません。一時的に毛がなくなっただけで、数日すればまた新しい毛が作られます。

毛を抜き続けると生えなくなるという噂もありますが、これは抜き続けることで一時的に弱まって再生と成長が遅くなっているだけです。完全に生えなくなる訳ではありません。毛を抜く事で毛穴が広がってしまい、次に生えてくる毛がより太くなってしまう可能性もあるのです。

そして何より恐ろしいのが、ポッカリと空いた毛穴に細菌が侵入し、毛のう炎(もうのうえん)を発症する事でしょう。毛のう炎とは、毛穴に膿が溜まって黄ばんだブツブツができてしまう細菌感染症で、カミソリによる剃毛でも発症する可能性があります。

こうなってしまっては病院のお世話にならざるを得ないですし、治療したとしても跡が残ってしまう可能性もあります。そしてもう一つの重大なデメリットが埋没毛です。読んで字のごとく、肌の中に毛が埋没してしまう事で、黒くブツブツとした汚い見た目に。また、埋没毛が炎症を起こすと、毛のう炎や色素沈着の原因にもなるので非常に厄介です。

以上がムダ毛を自己処理する場合のリスクです。すね毛は大体の男性が濃く生えているので我慢できるかもしれませんが、胸毛は生えている人が少なく、コンプレックスになりやすいもの。特に夏場は海やプールなど、人前で肌を露出する事が多くなるため、モジャモジャの胸毛を見て引かれたくないという気持ちは分かります。

しかし、リスクの高い自己処理は避けるべきです。しっかりと脱毛をしたいのなら、医師が常駐しているクリニックや皮膚科を選びましょう。最近では、男性専用のメンズコースを扱っている店舗も多いので、剛毛な胸毛を見られても恥ずかしくありませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。